家を建てるなら工務店に依頼すべき?その理由や特徴そしてメリット等を紹介!

このサイトでは、ハウスメーカーと比較した工務店の特徴やメリットについて紹介していきます。
コスト面や仕様制限などハウスメーカーとは異なることが多いため、自分の理想の家を建てるためにも比較してじっくりと検討していくことが大切です。
また、最大のメリットとも言える自由度の高さも魅力の1つです。
家族の暮らしやすい間取りにすることはもちろん、素材選びにもこだわれるためより快適な家づくりを実現することができます。

家を建てるなら工務店に依頼すべき?その理由や特徴そしてメリット等を紹介!

工務店は、ハウスメーカーに比べて低コストで家を建てることができます。
その理由として、管理コストの低い小規模な会社が多いからです。
また、ハウスメーカーのように仕様制限がないため、狭い場所や複雑な地形の場所でも家を建てることができます。
ハウスメーカーの場合、パターンが決まっていてその中から選ぶことが多いですが、工務店は自由度も高いため、間取りや素材にこだわった理想の家を建てられる可能性も高くなります。

理想的な住まいの実現は工務店しだい?選び方のポイント!

工務店はハウスメーカーの様にどこも一定の基準が設けられている訳ではありません。
依頼した工務店次第で仕上がりが左右されてしまうため、選び方のポイントを押さえておく必要があります。
年間の施工実績が多ければ品質や技術も伴い、また経営上の倒産リスクも軽減されます。
倒産のリスク対策に住宅完成保証制度に登録しているかも合わせて確認しておくと良いでしょう。
自分の理想である建てたい家と工務店の得意分野がマッチしているのかもポイントです。
会社の強みとしている場合は、施工実績も多いため安心して任せられます。
反対に一度も経験ない分野となると、完成度に期待できません。
家づくりを行う上ではコミュニケーションも大切です。
営業マンやスタッフの人間性が信頼できないと、不安要素になります。
対応がいい加減で会社側の都合を押し付けるのではなく、要望を真摯に聞いて適切な計画を立ててくれる工務店なら理想の家づくりが実現するはずです。

まず工務店で家を建てる場合の基本的な流れを知っておこう!

工務店を利用して新築の家を建てる際には、どのような流れが基本になるのでしょうか。
スケジュールや流れを知っておくことで、全体を調整しやすくなります。
まずは下準備として建てたい家の情報収集や土地探し、工務店探しを行います。
土地が見つかったら売買契約を済ませて、工務店とも本格的な契約に入りましょう。
次の家の設計を行い、施主の希望や環境に合わせた要素を取り入れながら細部を詰めていきます。
委託先に建築工事の請負契約を済ませ、資金になる住宅ローンの申請をしたら、見積もり、建築確認申請が必要です。
工事は一般的に地鎮祭から始めることが多く、着工から基礎工事、上棟式などが本格的な工事期間です。
すべての工事が完了したら工務店は家を施主に引き渡し、不動産の登記や住宅ローンの実行をした後、施主の家族が入居します。
天気によっては工事期間が延びることもあるため、できるだけ余裕を持って予定を組んでおくことが重要になります。

自社施工できない工務店の場合には完成までの流れが異なる!

家の建築を依頼する工務店が自社施工できるかどうかはかかる費用や工期をはじめ、完成までの流れに大きく関わってきます。
自社での施工ができる工務店では、最初の相談から始まり、敷地調査や打ち合わせなどを経て、家の設計を完成した後にさらに仕様を細かく決定して、全ての請負契約を締結します。
しかし、自社の施工ができない工務店の場合には図面が完成した後に工事を請け負う会社を選定して、別途契約を締結することが必要です。
また施工が始まってからの監理についても、自社施工の場合にはそのまま図面を完成させた担当者が立ち会うケースが多くなりますが、施工が異なる会社である場合には工務店は間接的に監理をすることになり、現場に行っても直接担当者には会えないことが多いです。
施工中の質問やトラブル対応については、工事を行っている会社ではなく建築を依頼した会社に連絡することになり、自社で施工する場合と比較するとやや煩雑になる部分もあるでしょう。

工務店を利用するなら大手ハウスメーカーとの違いを知ることも大切!

注文住宅を建てるにあたり、工務店への依頼を検討している人も多いかもしれません。
これから工務店を利用するのであれば、大手ハウスメーカーとの違いを知っておくことも重要です。
一般的にハウスメーカーは、オリジナルのブランドを全国規模で展開するような、大きな会社のことを指しています。
全国に支社支店等が点在していて、対応エリアが広いのが特徴です。
工務店の場合には工事全体に責任を持ち、職人の手配や管理をする業者のことを指します。
特定のエリアを対象にしているので、地域密着型で営業を行っているところがほとんどです。
規模や営業のスタイルは様々であり、社長と職人で構成されている小さな工務店以外にも、規模が大きく着工棟数が多いところや、フランチャイズ加盟店などもあります。
会社により得意とする方法やデザインなどが異なるものの、間取りやデザインの自由度は比較的高いと言えるでしょう。
その他にもコストや価格面、住宅プランの作り方や施工の技術力や工期等についても大きな違いが見られます。

工務店に関する情報サイト
工務店の特徴や依頼するメリット

このサイトでは、ハウスメーカーと比較した工務店の特徴やメリットについて紹介していきます。コスト面や仕様制限などハウスメーカーとは異なることが多いため、自分の理想の家を建てるためにも比較してじっくりと検討していくことが大切です。また、最大のメリットとも言える自由度の高さも魅力の1つです。家族の暮らしやすい間取りにすることはもちろん、素材選びにもこだわれるためより快適な家づくりを実現することができます。

Search